ストレス解消とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームを治した私の方法   

ストレス解消とメタボリックシンドロームのページ

      
     
メタボリックシンドロームを簡単に治す方法おしえます!



  メタボリクックシンドロームの予防と対策について私の体験から詳しくご案内します。
  メタボリックシンドロームに関するホームページはたくさんありますが、どれも部分的です。
  このホームページはメタボリックシンドロームに関するすべての情報が入れましたので最後までご覧ください。
  ストレス解消をしていますか?ストレスがたまると過食などメタボリの原因にもなります。
  またあわせてメタボリックシンドロームの基準・診断についても説明をしました。
  メタボリックシンドロームは生活習慣病をひきおこしかねない状態です。私は趣味のスポーツ、特に野球で体を動かし
  体脂肪を燃やしました、何か趣味をとおしてたのしくできるといいですね。

メタボリックシンドロームを治した私の方法TOPページ                    
                              
---------------------------------------------------------------------------

   

---------------------------------------------------------------------------
  
  
   ★メタボリックシンドロームとはどんな状態?


   メタボリックシンドロームとは、内臓に肥脂が蓄積した状態をいいます。
   この状態により糖尿病、高血圧症など生活習慣病になりやすくなります。
   糖尿病や高血圧はさらなる様々な病気の原因になっていることはご存知のとおりです。


   血液中の糖分や脂質がふえると、血管がつまりやすくなり動脈硬化になります。
   健康診断で血糖値やコレステロールが高くなっていたらそれは危険信号です。


   糖尿病などになると体の免疫力が弱くなります。
   その結果ウイルスなどでインフルエンザ風邪などにかかりやすくなります。

   早めに対策にとる必要があります。対策についてはご案内をします。


   


    ★メタボリックシンドロームになるのはなぜ?


   暴飲暴食?確かにそれもあるのかもしれません。
   でもギスギスした社会を生きていくのにストレスは避けることができません。
   ストレス解消をしていますか?
   過度なストレスは体の各感覚を麻痺させてしまいます。
   もうつ病になる人がいますよね。うつはなかなか治りにくいようです。


   飲食は快楽をもたらす行為です。人はストレス解消に消費する以上のカロリーを
   ついついとってしまいますよね。
   それが悪いって、それを止めればっていうのは簡単ですが現実的ではないし、
   無責任な気がします。


   でも加齢するに代謝が落ちてきているのは間違いなくこれまでどおり普通に食事を
   していてもエネルギーが体に残るのは理解できるところですよね。


   原因は栄養の取りすぎです。
   これは間違いない!申しすこし正確な表現をすれば新陳代謝など
   消費するカロリーに比べ摂取するカロリーが多いのです。


   あれ、対策・予防がみえてきましたね。
   そうです。メタボリックシンドロームを解消するには摂取カロリーを減らすか、
   消費エネルギーを増やせばいいのです!!


   今から生活習慣を改め健康促進をしましょう!


   
   ★★メタボ最新情報〜メタボ「腹囲」偏重に異議(2008年読売新聞)〜★★



   メタボリックの診断基準は腹囲、つまりウエストが男性85cm、女性で90cmとなって
   いるが、単にウエストが大きいだけでは生活習慣病の危険因子としては不十分という
   調査結果が発表された。



   メタボの基準は内臓脂肪面積が100平方センチ以上の場合に危険が高まるとして
   それに該当するウエスト85cm、90cmが定められている。
   今年始まった「特定健診」ではウエストが基準を超えていなければ、
   血圧、血糖値、脂質のすべてに異常があっても指導の対象にならない・・・。



   というものです。皆さんはどう思いますか?私は以下2つが感想です。



   @ ウエスト85、90cmというのはそもそも平均的な日本人体型を基準にしたもので
     おおよその健康の目安ととらえるべきものと考えている。
     つまり指標としてはわかりやすい。
     したがって重箱のスミをつつく議論であまり意味がない。
     間単にいうとそれがどうした?という感じ。



   A 血圧、血糖値、脂質のすべてに異常があっても指導の対象にならないというのは
     そこしかみていない見解で、健康診断は体全体の異変をみるものであるので
     それはそれでアドバイスをし、改善を促せばいいし、実際しているでしょう。
     つまり指導しないほうがおかしい。



   


  <特におすすめリンクサイト>
  趣味をふやしてストレス解消 うつ病はストレスから うつ病はストレスからA
  偏頭痛を治す方法  偏頭痛を治す方法2 偏頭痛を治す方法3
  おたふく風邪の予防と治し方  インフルエンザの予防と治療法はこれです!
  すてきな雑貨 ヨガ・ピラティス  

  メタボリック1 メタボリック2 メタボリック3


  
▼▼▼私の予防と対策▼▼▼


■メタボの予防と対策@
⇒食事は野菜から


■メタボの予防と対策A
⇒食事のときは烏龍茶・杜仲茶


■メタボの予防と対策B
⇒サプリで食物繊維


■メタボの予防と対策C
⇒適度な運動


■メタボの予防と対策D
⇒コツは下半身に筋肉をつける!


■メタボの予防と対策E
⇒ブルブルマシーンで脂肪燃焼


■メタボの予防と対策F
⇒太ももの筋肉を自転車で鍛える


■メタボの予防と対策G
⇒ファーストフードは月1までOK!


■メタボの予防と対策H
⇒趣味をふやしてストレス解消



■メタボの予防と対策I
⇒漢方で代謝促進






▼▼▼お役立ち情報▼▼▼


▼メタボリの診断基準は?


▼メタボリはなぜこわい?


▼メタボリの原因と進行


▼動脈硬化とは?


▼厚生労働省が義務化!


★プロフィール


★おすすめリンク集




Copyright (C) メタボリックシンドロームを治した私の方法 All Rights Reserved